技術案内

技術にこだわり、高品質を貫く。

FUPC処理

密着性と熱歪み、二つの難問を同時に解決した、 フジタ技研独自開発の次世代コーティング技術。

CVD処理とPVD処理の弱点を解消し、コーティングの常識を変えたフジタ技研のオリジナル技術「FUPC処理」。
自社開発の処理装置による独自のプロセスにより、CVD処理特有の熱歪みにともなう寸法変化を極力抑制し、同時にPVD処理では不可能だった強力な密着性を実現しています。

Ver.2によるFUPC処理写真

Ver.2によるFUPC処理

Ver.1によるFUPCプラズマ放電写真

Ver.1によるFUPCプラズマ放電

FUPC(TiN)コーティング写真
膜種 FUPC-TiN
表面色 金色
膜硬さ Hv 2,000
膜厚 2~4μm
耐熱温度 500℃
特徴 PVDとしては一般的なコーティングで、刃物類・機械部品・プレス用精密金型等に使われている。
FUPC(TiCN)コーティング写真
膜種 FUPC-TiCN
表面色 小豆色
膜硬さ Hv 2,500
膜厚 2~4μm
耐熱温度 400℃
特徴 TiNの欠点である低硬度を改良してTiCに近い硬度を持たせたコーティングで、耐磨耗性に優れている。
FUPC(TiN)コーティング写真
膜種 FUPC-TiCN C-rich
表面色 琥珀色
膜硬さ Hv 2,800
膜厚 2~4μm
耐熱温度 400℃
特徴 FUPC-TiCN膜より高硬度で耐磨耗性に非常に優れている。膜靭性に若干劣る。
FUPC(TiCN)コーティング写真
膜種 FUPC-TiAlN Type 1
表面色 紫黒色
膜硬さ Hv 2,300
膜厚 2~4μm
耐熱温度 800℃
特徴 耐熱温度が最も高く、鍛造・圧造等金型向け仕様で従来TiAlN膜より靭性に優れる。
FUPC(TiN)コーティング写真
膜種 FUPC-TiAlN Type 2
表面色 藍墨茶色
膜硬さ Hv 2,800
膜厚 2~4μm
耐熱温度 800℃
特徴 FUPC-TiAlN-Type 1より耐磨耗性に優れている。膜靭性はTiAlN-Type 1より若干劣る。